テーマ:登山

2013.4.28~29 障子ヶ岳テント泊

久々の単独行。 朝日連峰の中で、一際峻険な美しさを持っている障子ヶ岳(1481.5m)。 実はこれまで、冬季の登頂は一度も達成できていなかった。 最大で、10メートルは超えると思われる積雪と、夏場でも結構きつい峻険なコースに阻まれ、過去3回アタックしたが、いずれも途中撤退(一度は、あまりの積雪に恐ろしくなり、車から…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2013年4月14日 月山

夏スキー開幕の前日。 一足先に、登山仲間のSさんと2人で登って来ました。 雄大な絶景を一足先に満喫!! でも山頂は、体ごと持っていかれそうなくらい猛烈な暴風でした。 山頂付近は雪煙が舞い、終日氷点下の世界なのに対して、登山口付近は、ただ立っているだけで汗をかくような暑さ(^_^;) やっぱり月山はスケールが大きい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012.12.19雁戸山

フォトアルバムはたまに載せていましたが、ブログの更新がほぼ1年ぶりとなってしまいました(^_^;) 今年は泊まりの縦走になかなか行けるチャンスがなく、日帰りのトレイルランニングが中心となっていました。 さて、冬山登山シーズンとなり、今季も初登頂は、私のホームグラウンドである雁戸山(1484.6m)です。 午前10時過ぎに関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関沢~笹谷峠の上まで霧氷鑑賞。

今日は何だか仕事の疲れが残っていて、午前中まったりと過ごしてしまった。 天気はあまり良くないけど山形神室山の辺りまで霧氷鑑賞に。 登山口である山形自動車道関沢インター付近から、既に本降りの雪。 今日の登山者は私の他に誰一人いない。 笹谷峠のピーク辺りから膝近くまで抜かるラッセルになったが、雪質が歩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月10日~12日、雁戸山テント泊(単独)

皆既月食の夜。 残念ながらガスってきて皆既月食は見えませんでしたが、霧氷は素晴らしかったです。 雪と氷の芸術を今年もいっぱい見に行きたいですね。 標高1300m付近にテントを張りました。 夜の外気温はマイナス9度。 厳冬期対応のテントの中は零度。 ぐっすり眠れました。 写真はこちらです。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

8/10 北アルプス縦走最終日 奥穂高岳~ジャンダルム~西穂高岳

縦走2日目の夜は、大キレットで一緒になった新潟出身の方と乾杯 17時からの夕食まで大分時間があり、ゆったりと美味しいお酒が飲める。 何とも贅沢な時間を満喫していたところ、一人の男性がテント場でおもむろにケーナ(南米の尺八)を取り出し、名曲「コンドルは飛んでゆく」を吹き始めた。 美しく素晴らしい演奏で、…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

8月9日 槍ヶ岳山荘~大キレット~穂高岳山荘

縦走2日目、快晴。 今日も出発は4時半。 日の出時刻は5時頃である。 北アルプスの日の出を槍ヶ岳の山頂で迎えるか、それとも朝日に美しく照らされる槍ヶ岳を見る方を取るか。 どちらも捨てがたいが、今日は長く険しいコースである。 少しでも体力を温存し先へ進むため、頂上には登らず先に進むことにした。 日の出と槍ヶ岳の素晴らしい光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月8日 上高地~槍ヶ岳

8月8日 朝5時前に出発。 いよいよ槍・穂高への初挑戦である。 背負った荷物は総重量で20kg位。 基本的にテント泊で自炊の予定なのでどうしても重くなる。 梓川沿いを黙々と登る。 今日は全国的に猛暑日らしく、標高1500mを超えるこのコースでもとにかく暑い。 初日から、全身がずぶ濡れになるくらい汗をかいてしまった(^…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

8/7 上高地テント泊(槍ヶ岳~奥穂高岳~西穂高岳縦走)

登山を始めて4年余り。 1年目から単独登山で、蔵王や月山、朝日連峰を中心に四季を通じ登るようになった。 山形の自然は素晴らしい!! 朝日や飯豊の(実は未だ神室連峰は未経験です<(_ _)>)、雄大で奥深い原生林。 世界的に見ても貴重な蔵王連峰の樹氷。 冬は何度も北蔵王の雁戸山等に登っているが、中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011.6.11古寺鉱泉~大朝日岳 日帰り

2月の北蔵王登山以来の更新。 震災などもあり、随分と間が空いてしまった。 3.11以降、実際忙しかったのに加えて、意味のない自粛癖がついてしまって、せっかくの晴れた休日にも関わらず、部屋で何もせず過ごしてしまったり…。 これではマズイと思い、ほんの数時間でも時間が空いた時に何とか、ある程度手応えのある山登りをしたいと思…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2/8~9 雁戸山~八方平避難小屋泊

2月8~9日 今回も飽きずに北蔵王に登った。 今回は昨年の2月末に縦走したコースと同じく、山形自動車道関沢インター付近から山に入り、雁戸山~八方平~蔵王連峰最高峰の熊野岳~お釜~蔵王ライザという全行程約20kmの単独縦走である。 当初は7日の午後から出発し、2泊3日で登る予定だったのだが…パソコンの地図ソフトに入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶景!登山家だけが知っている、北蔵王(雁戸山北方、カケスガ峰)の樹氷

1月23日 今日のスタートは午前11時過ぎ。 ホームグラウンドである雁戸山(1484.6m)を目指す日帰り登山である。 登山口に着いた段階で既にガスがかかって風も強く、おそらく途中撤退になることは予想が付いた。 何でこんな遅い出発なのかと思われそうだが、今日は夕暮れの樹氷を撮りたかった。 山形自動車道関沢インター付近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月17~18日 夕暮れ発~テント泊 北蔵王縦走

10月17~18日の山行記録をmixiに載せたものの、ブログに載せるのを忘れていました(^^;) 今頃ですが、掲載します。 10月17日。 登山は早めの行動が基本。 遅くとも午後2時~3時頃迄には行動を終えるのが常識とされている。 でも、今日出発したのは午後3時半過ぎ。 登山開始が午後4時過ぎであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月15日 厳冬の龍山(1362m)

今年初めて登った龍山。 山形市民には馴染みの深い山。 山形市内から見ると東側にど~んとそびえる龍山が邪魔になっているため、蔵王の主峰が見えない。 そんな訳で山形市民には親しまれているのか、邪魔者に見られているのか微妙なところではあるが、少なくとも登山愛好家から見れば、とても魅力に溢れた山である。 私が特に惹かれるのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月2日 朝日連峰(小朝日岳 1647m)単独日帰り登山

朝7時10分、古寺鉱泉登山口から登り始める。 12月というのに古寺鉱泉まで車で来られた。 今年も暖冬なのかなぁ…。 登山口である古寺鉱泉から先はトレースゼロ。 少なくともここ数日の間、ここから登った人は誰もいないようだ。 登山口付近の積雪が少なく、楽勝で大朝日岳まで行けるかも…と思ったのも束の間、カンジキを履いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月山(山頂目前で撤退(^^;)) 今季初のワカンラッセル

冬の月山は豪雪地帯である。 数十メートルもの積雪に覆われるため厳冬期に登る人は殆どいない。 一晩で1メートルも積もる大雪に捕まってしまったら、殆ど身動きが取れなくなってしまう。 大量に積もった新雪では、ほんの数メートル進むのに30分以上もかかってしまう場合もあり、小屋に一泊して翌朝こんなふうになったら、遭難確実である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月19日 障子ヶ岳(朝日連峰)

障子ヶ岳…豪雪が創り出す峻険な山容は、標高が1481.5mの山であるという事実から想像できるイメージとかけ離れている。 無雪期でも結構な体力を要するこの山に、いつか積雪期に登りたいと思っていた。 今年の3月中旬、積雪期としては初挑戦で、登山口のある西川町大井沢地区まで車で来たのだが、その時は駐車場まで来た段階で、厳しい光景に怖じ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自宅から登る~千歳山

3月31日。 今日は勤務表上は休みだったが昼過ぎまで仕事が入る。 午後になって暖かくなり、このまま一日を終えるのが惜しくなった。   「ちょっと行ってくる!!」 時刻は午後4時45分。 自宅から千歳山の登山口までは4キロ余り。 走って30分足らずで登山口まで辿り着いた。 登山道はさすがに勾配があり、歩くことにする。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2/27~2/28 北蔵王縦走

山小屋1泊で冬期北蔵王の縦走(関沢~笹谷峠~カケスガ峰~雁戸山~八方平避難小屋(泊)~名号峰~熊野岳~坊平)。 蔵王は知ってるけどスキーにしか行ったことがない方には、山形自動車道の関沢インターからお釜を通って坊平のライザまで行ってきた、と言った方が解りやすいかもしれない。 私は殆ど単独でしか登っていないのだが、今回は西川山岳会の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

12月29~30日、雁戸山(テント泊)

12月29日 実は当初、冬期初の障子ヶ岳(朝日連峰)に登る予定だった。 雁戸山のある蔵王連峰と比べると、朝日連峰は圧倒的に積雪量が多い豪雪地である。 今冬も暖冬傾向で蔵王の積雪が少ない。 それなら、通常はあまりの豪雪で厳冬期単独は無理といわれる、障子ヶ岳に挑戦しようと思った。 朝7時頃には登山口へ。 冬期障子ヶ岳への…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

4/30~5/1 大朝日岳 写真の続き(3)

泊まり損ねた、大朝日小屋 小朝日岳 小朝日岳 大朝日岳 左から、大朝日岳、中岳、西朝日岳 障子ヶ岳 小朝日岳山頂で。後方は大朝日岳 小朝日岳(左)と大朝日岳 大朝日岳(左)と中岳 左から、大朝日岳、中岳、西朝日岳
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4/30~5/1 大朝日岳 写真の続き(2)

祝瓶山。遠方は飯豊連峰 祝瓶山。遠方は飯豊連峰    大朝日岳山頂から見た、小朝日岳 大朝日岳山頂から見た、以東岳(遠方) 大朝日岳山頂で。遠方は以東岳 遠方は以東岳 小朝日岳 遠方は以東岳 祝瓶山(手前)と飯豊連峰 大朝日岳
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4/30~5/1 古寺鉱泉~大朝日岳

私の仕事は交替制。 ゴールデンウイークも、年末年始も関係なし。 休暇でも取らないと連休というものがほとんど無いため、登山はいつも、日帰りか、昼頃に出発しての1泊である。 私は以前から、「真っ白な大朝日岳」に登ってみたい!と思っていた。 天気予報を見ると、…おお!4月30日からの天候は揺るぎのない快晴!! 夜勤明けで出発し、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

4/10月山(1984m)スキー場開き

4月10日(金) 今日が月山のスキー場開きであることは、今朝の新聞で知った。 朝食前に、「これから日帰りで楽しめる山…何処がいいかな~。」なんて言ってたのだが、この記事を見て、即決定!! 冬期の月山は、志津温泉から先は車が入れない。 姥沢小屋登山口まで、10mもの雪が積もった山中を延々(雪質にもよるが、多分2~3時間程)登らなけ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

本年1月28日の、雁戸山の写真です。

先日、飯豊の枯松山に一緒に登った、Tさんからいただいた写真を掲載させていただきます。 写っているのは私です。 人が一緒に写っていると、山のスケールがわかりやすいですね。 Tさん、素敵な写真をありがとうございました。 この日の日記はこちらです。 http://drummer-kaiya.at.webry.info/20090…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月23日、飯豊 枯松山(1110m)

例え冬山であっても、単独行が中心の私。 前回、mixiでもお世話になっている、Kさんと登った蔵王不忘山以来、約1ヶ月ぶりの登山であるが、珍しく今回も単独にあらず。 今回一緒に登ったのは還暦を過ぎても尚、毎週のように本格的登山に向かい、冬山もテント泊でガンガン登っている、山形屈指の大ベテラン、Tさん。 Tさんに出会うまでは、豪雪地帯…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2/27 南蔵王 不忘山~南屏風岳~水引入道の周回コース

ちょっと間が空いてしまいましたが、先月末、冬期初の南蔵王に行って来ました。 2月27日。 今回は、mixiで知り合い、昨年12月末の雁戸山頂で、奇跡的偶然で一緒になった(互いに別ルートから歩いてきて、山頂でばったり出会った!!)、白石市在住のKさんと一緒であった。 私は勿論、Kさんもこのコースは初体験。 朝7時、白石スキー場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テンションが上がらない一日

昨日は演奏と打ち上げ。 連日の寝不足もあって今朝起きたら頭が痛かった。 窓の外は素晴らしい青空。 冬山登山の季節に、快晴の休日。登らないわけにはいかない! 今日の目標は北蔵王、山形神室山。 先日購入したガーミンのGPSの運用試験も兼ねて登ることにした。 通い慣れたコースを出発。トレ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蔵王の主峰、熊野岳

スキー場として全国的に有名な中央蔵王。 見事な樹氷原やお釜 (火口湖)もあり、山自体は本当に素晴らしい魅力に溢れた山。 でもゲレンデにリフトが用意され、多くのスキーヤー、スノーボーダーで賑わう中を登るのが嫌で、足が遠退きがちであった。 今回は、平日の夜明け前から登れば、静かな登山を楽しめるだろうと思って計画してみた。 2月4…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more