2011.6.11古寺鉱泉~大朝日岳 日帰り

2月の北蔵王登山以来の更新。

震災などもあり、随分と間が空いてしまった。

3.11以降、実際忙しかったのに加えて、意味のない自粛癖がついてしまって、せっかくの晴れた休日にも関わらず、部屋で何もせず過ごしてしまったり…。

これではマズイと思い、ほんの数時間でも時間が空いた時に何とか、ある程度手応えのある山登りをしたいと思ったのがきっかけで、5月からトレイルランニングを始めた。

縦走登山のためのトレーニングにもいいと思ってトライしたトレイルランニングだが、現在これにすっかりハマっている(^^;)
家を出てから帰宅するまでの、ほんの2~3時間で、結構手応えのある山登りが出来てしまうのも大きな魅力。
トレランを始めてからは、天気さえ良ければ3日に一度くらい山に登る(山を走る)ようになった。

でも、私自身はこれまでトレイルランナーに出会ったことがほとんど無い。

山形では、トレイルランニングというスタイルがまだまだ認知されていない様子である。

先ず、他の登山者から見ると。そこを「走っている」という状況が相当異質なモノに見えるらしく、出会った瞬間驚きの目で見られることが多い。
何分かかってここまで来たかとか、よく質問される。

現在、これまで「登山」に来ていたコースを「走る」ことにより、従来の自分の平均所要時間の約3分の2~半分位の時間でゴール出来ているが、別に以前だって別にのんびり歩いていた訳ではない。

自分なりに、そこそこ急いでいたつもりだった。

でも、「歩く」から「走る!」という、意識の切り替え一つでこんなにも自分が変わるということに、我ながら驚いている。

また、忙しい中で、こんなにも山に行く機会が増えたのはトレイルランニングというスタイルに出会ったからこそである。

好きな山を走るからこそ、苦痛だけじゃなく快感があるし、当初の目的のとおり、二泊が標準のコースを午後発の1泊で行ったり、飯豊や朝日連峰等を疲れ知らずでひょいひょいと元気満々で歩けたら…なんて考えると、登りの苦痛も快感に思えてしまう。

さて、久々なので前置きが長くなってしまったが、日記に載せないまま、ちょっと日にちが経ってしまっていた、日帰りの朝日連峰登山日記を載せることにした。

春の朝日連峰は本当に美しい。

クレバスと融雪が創る芸術的な雪像と美しい新緑や花々のコラボレーション!!

時間さえあれば通い続けたい!と思わずにはいられない。

そんな初夏の朝日連峰の様子を、ちょっっとだけ紹介します。

以下は登山直後に書いた、メモ程度の日記です。




6月11日。

今回はトレイルランニングを始めてから初の「普通の登山」である。

未だ多くの残雪が残る朝日連峰で、自分はどれだけ歩けるようになっているんだろう。

結果は、朝日連峰や飯豊連峰を「楽に速く」歩けるようになりたいと思って始めたトレイルランニングの成果を充分実感!!

地図に記された標準コースタイムで往復9時間半程度のところを約7時間で、体力的にも余裕を持って歩くことが出来た。

今、朝日連峰は大量の残雪と新緑が本当に美しい季節。

巨大な雪渓でルートファインディングが難しい箇所もあるのでGPSが非常に役に立った。

アルバムはこちら
https://picasaweb.google.com/Kaiyadrums/2011611#

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

NYAA
2011年08月19日 16:00
いいなあ。私も、まさにこの残雪の景色が見たくて、6/18,19,20の予定で、天狗角力取山~以東岳~大朝日岳の縦走をするつもりで行ったのですが、天狗小屋の管理人に危険だから、止めるよう諭されました。

事前に下山予定の日暮沢小屋にチャリデポしたのですが、この日暮沢小屋のコースに難所があるそうで。古寺鉱泉であれば、降りられたのかも。

まあ、いずれにせよ、ガスったらGPSで確認する必要はありそうですね。GPS購入も検討しなければ。

それにしても、残雪でトレランですか!アイゼンは使わなかったのでしょうか?

ちなみに、次の日は障子ヶ岳経由で降りましたが、素晴らしい山でした。kaiyaさんもトレラン日帰りで行ってみてはいかがでしょうか?
2011年08月21日 23:07
NYAAさん
コメントありがとうございます。
すみません前書きのトレランに関する記述が大部分を占めてしまったので紛らわしかったかもしれません。
文中にも書きましたがこの日はトレランではなく「普通の登山」でした(^^;)
ちなみに6月末ですと、未だ膨大な残雪があるため、ルートファインディングには相当神経を使わないととんでもないことになります。
尾根の風下側には数十メートルもの積雪が残って居ることも考えられ、しかもそこには深い場合10メートル程のクレバスが発生します。
冬山と同様に、この時期の朝日登山だからこそGPSがとても役に立ちますよ。

この記事へのトラックバック